本文へ移動

圧電セラミックス

圧電セラミックスの特徴

圧電セラミックスは、高純度な粉体(酸化チタン・酸化バリウム等)を高温度で焼き固めた多結晶体セラミックスです。
圧電セラミックスに、外部から力を加える(機械エネルギーを加える)と電圧が発生し(圧電正効果)、また逆に電圧をかける(電気エネルギーを加える)と極性に応じて伸びたり縮んだりします(圧電逆効果)。

このように圧電セラミックスは、電気エネルギーと機械エネルギーを変換する性質『圧電効果』をもっています。
分極処理(高い温度下でセラミックスに直流高電圧を加えて自発分極の向きを揃え極性を与える)を行うことで、この『圧電効果』を持つようになります。

産業用プリンター部品 加工例

加工製品
製品用途
 Certificate Number 3619
ISO9001,ISO14001
1
2
5
1
8
9
TOPへ戻る